1. Outbound Port25 Blockingとは?
2. OP25Bによって影響を受けるかどうかの確認
3. OP25Bによって影響を受けるお客様の対処方法
4. 本件お問い合わせ先
1. Outbound Port25 Blockingとは?
 現在、各プロバイダでは、各自が管理するネットワーク上から迷惑メールを送信させない対策「Outbound Port25 Blocking(以降:OP25B)」を講じることで、ネットワーク上に存在する迷惑メールの絶対数を削減する対策に取り組んでいます。
 OP25Bとは、迷惑メール撲滅を目的に日本の主要プロバイダによって設立されたJapan Email Anti-Abuse Group(JEAG)にて提言された対策です。

 迷惑メールの多く(ウィルスなどによってお客様に自覚なく送信される迷惑メールも含む)は、自身の加入するプロバイダが管理するメールサーバを利用せず、自身で設置したメールサーバや他プロバイダが管理するメールサーバを使って送信されます。
 したがって、上記のような経路を辿るメールを制限することで、迷惑メールの送信を抑制します。具体的には、メール送信で利用される25番ポート(Port25)およびメール送信経路等を監視し、メールの送信を制限します。

 OP25Bの実施によって、メールが送信できなくなる可能性があります。
お客様が、この影響を受けるかどうかの確認方法につきましては、2. OP25Bによって影響を受けるかどうかの確認をご覧ください。
2. OP25Bによって影響を受けるかどうかの確認
影響を受けるかどうかは、下記のチャートでご確認ください。

3. OP25Bによって影響を受けるお客様の対処方法
OP25Bを実施することによりメールの送信ができなくなった場合、以下の手段を講じることで、メールの送信ができるようになります。

【弊社メールサーバをご利用されている場合】
サブミッションポートを設定することで、メールの送信ができるようになります。

【他社プロバイダのメールサーバをご利用されている場合】
ご利用のプロバイダが、サブミッションポート587番に対応している場合、このポートを設定することで、メールの送信ができるようになります。
ご利用のプロバイダが、サブミッションポート587番に対応しているかどうか、設定方法等については、下記の【参考資料】をご参照いただくか、各プロバイダのサポート窓口までお問い合わせください。


【参考資料】
ISPによるOP25B 実施状況(迷惑メール相談センター)
4. 本件のお問い合わせ先
株式会社グローバルネットコア
電話 0120-916-987 (平日 9:00〜17:00)
E-Mail support@nplus-net.jp