サーバ構成の見直しで、3人分の人件費が軽減された!解決までのストーリー

株式会社東日本システム様の事例

今回は、自社運用サーバから弊社グローバルネットコアのVPSサーバを導入することで手間とコストの軽減を実現できた株式会社東日本システム様にお話を伺いました。

導入目的

― 以前の問題点を教えてください。

自社開発のサービスを提供する為に、運用サーバを複数台ハウジングで動かしていました。
開発・管理は全て2名の専任スタッフでまわしていましたが、しばしばトラブルによるサービスダウンがありました。トラブルの際には復旧させることに手いっぱいで、原因究明にまで手が回りません。それがさらにサービス断を招くこともありました。

ただ、提供サービスの営業支援システム「COMP」が好調で、拡販需要がみえてきたこともあり、今後は更にサーバの安定稼働が必要になりました。自社で回そうとすると更に3人のスタッフが必要になる計算で。それで相談させてもらいました。

COMPは、顧客管理システムとグループウェア、販売システムを組み合わせた、営業活動を総合的に支援するシステムです。詳細は公式サイト [http://comp.hsys.ne.jp/] をご覧ください。

導入サービス

― 弊社VPSホスティングを選んだポイントをお聞かせください。

サーバ要件だけでなく、現在の状況や今後の展望も含めて検討してもらいました。
サービス提供に利用する「サービスサーバ」については、稼働し続けることが大前提となりますので、ミドルウェアまでを全面的に管理してもらいます。反対に、社内での開発の為、柔軟で自由な設定が必要な「開発環境サーバ」については、管理範囲をハードウェアまでにしてもらいました。こういった柔軟な構築と、運用に合わせたフォロー体制が大変ありがたいです。
仮想サーバになったことで、今後の拡張性についても自由度が向上しました。

― 運用を任せてよかった点はどこですか。

問題解決力の高さですね。何かの際に復旧が早いのはもちろん、原因を追及してくれて、今後の不安解消のための提案をいただいています。
問題が起こる前に、変調をモニターしてくれているので、トラブルを未然に防いでいてくれているのも助かります。やはりプロの目で常に監視してもらっているのは安心感があります。費用面でもかなり削減できました。

導入効果

― 費用面ではどの程度メリットがありましたか。

当初かかっていたハウジング費用、ハードの維持費用、運用にかかる費用がまるごと不要になりましたし、予定していた運用の人件費分も考えると、かなり費用削減ができました。
ハードトラブルの際のリスクも預ける事ができたので安心です。

― 弊社の対応はいかがですか。

サーバについていつでも相談に乗ってもらえるので助かっています。大口からの依頼で大規模な動きが予想された時も、すぐ拡張の提案を受けられたのはありがたかったです。
運用についてはお任せしていますので、安心してシステム開発や営業活動に力を入れていけます。

専用サーバ運用でお困りの際には、ぜひ一度グローバルネットコアまでご相談ください。
維持管理、運用方法までを包括したベストなご提案をさせて頂きます。

グローバルネットコアのVPSサービスN-plusVPSのお問合せはこちら。

このページの先頭へ戻る