N-plus

メール誤送信防止サービス(m-FILTER)

メール誤送信防止サービス

office365、GoogleApps以外のメールサーバーも対応しております。

サービス概要

従業員の「つい、うっかり」によるメール誤送信を防止することができるサービスです。当社のメール誤送信防止サービス(m-FILTER)では、メール誤送信と発覚した時に対処する機能(メール一時保留機能)、誤送信メールを防止する機能(上長承認機能)、情報流出を防止する機能(添付ファイル自動暗号化)を備えております。

機能詳細

1. メール一時保留機能 ※「2. 上長承認機能」との併用は出来ません

メール送信後、一定時間(5分~10分)メールを保留することで、保留時間内に送信ミスに気付いた時にメールを削除することが出来ます。保留するメールは、全メールではなく社外宛のメールに限定することで、運用負荷を軽減することも可能です。(全メール保留することも可能です)

2. 上長承認機能 ※「1. メール一時保留機能」との併用は出来ません

メール送信前に、上長(承認者)の承認が必要となる機能です。社外秘の情報を多く扱う部署などで、情報流出を防ぐことが出来ます。

3. 添付ファイル自動暗号化

添付ファイルを自動でパスワード付きZIPに変換し、メールを送信します。パスワード情報を送付する前に誤送信に気付いた際には、重要な添付ファイル内容を誤送信相手に見られることなく、情報流出を防止することが出来ます。

サービスご利用開始までの流れ

※ルール設定を弊社で承ることも可能です。その際は別途お見積りをさせて頂きます。

価格

  利用アカウント数 金額
初期費用(税別) 一律 10,000円
月額費用(税別) 1~30ユーザ 15,000円/一律
31~50ユーザ 400円/ユーザ
51ユーザ~ 300円/ユーザ

※31ユーザ以上は、10アカウントごとに、ご利用ユーザ数に応じた単価にてご請求させて頂きます。
31ユーザの場合、400円×40ユーザまで=16,000円となります。
51ユーザの場合、300円×60ユーザまで=18,000円となります。

注意事項

  • メール誤送信防止はデジタルアーツ社 m-FILTERを利用したサービスとなります。
  • メール誤送信防止サービスの各種ルール設定に関するすべての設定は、お客様にて設定が可能です。ユーザー管理、フィルタ作成等の管理画面を提供させて頂きます。
    (メールフロー構成に関連する箇所はグローバルネットコアが管理致します)
    ※ルール設定をお任せしたい場合は、別途有償にて承っております。
  • メール誤送信防止サービスをご利用のドメインに登録されておりますメールアカウントは、メール誤送信防止の利用可否に関係無く、すべてのアカウントを登録して頂く必要がございます。
  • m-FILTERのアーカイブ機能/迷惑メール機能はサポートされておりません。

〈Google Apps/Office365 クラウドメールサービスをご利用のお客様〉

  • ご利用サービスのメール送受信フローを当社サーバーと連動するように設定変更して頂く必要がございます。
    設定方法のサンプルは弊社から提供させて頂きます。
  • ご利用ドメインのDNS設定にて、MXレコードを当社サーバーへ変更して頂く必要がございます。

〈お客様管理メールサーバーをご利用のお客様〉

  • 当社サーバーは、お客様ご利用のメールサーバーへ中継するプロキシ機能として動作致します。
  • メールクライアントは当社サーバーを経由して送受信することとなるため、メールソフトの設定変更が必要となります。
  • メールサーバーにて、当社サーバーからのPOP3/SMTP接続を許可して頂く必要がございます。
このページの先頭へ戻る