メールフィルタリングサービス
(Trend Micro Email Security™)

より強力なランサムウェア・標的型攻撃対策に!メールフィルタリングサービス

Trend Micro Email Security™とは

Trend Micro Email Security™では、本文や添付ファイルのURLまで検査します。より強力なサンドボックス機能(※)でお客様のメール環境を守ります。
※不審なメールを仮想空間(サンドボックス)で実行し、そのふるまいを解析する機能。

サービスの特長

POINT1万全のセキュリティ対策

従来からのアンチウイルス、アンチスパムだけでなく、以前は防御できなかった新しいパターンのウイルスにもサンドボックス機能で防御します。 本文中のフィッシングサイトへのリンクも検査の対象です。

POINT2クラウド型サービスなので導入簡単

新たに設備を導入する必要はありません。既存メールサーバーの前にクラウド型のゲートウェイが追加されます。

POINT3お客様自身で防御状況を即座に確認

お客様ご自身で、防御レベルのコントロールなどの設定変更が行えますので、誤検知などの対応も素早く行えます。過去の防御状況も確認出来ますので、状況の把握も簡単に行えます。

Trend Micro Email Security™の多彩な防御機能

サンドボックス

不審なメールを仮想空間(サンドボックス)で実行し、そのふるまいを解析できる動的解析機能を提供します。標的型攻撃への対応をより高度に行うことが可能です。

IPレピュテーションによるフィルタリング

リアルタイムブラックリストを保持し、スパムメールが企業に到達する前に、IP接続のレベルでメールをブロックします。

コンテンツベースのフィルタリング

ウイルス、スパム、フィッシング、マーケティングメッセージ、ソーシャルエンジニアリング攻撃など、多種多様な迷惑メールに対応し、個別に防御設定が可能です。

機能詳細・導入時の注意事項について

  • 推奨設定を行った状態でお客様に管理画面をお渡しします。その後の設定変更はお客様でお願いいたします。
  • 隔離されたメールがある場合、1日1回から3回まで個人宛に隔離メールがあることをお知らせします。
  • ホワイトリストは組織全体、個⼈毎にそれぞれ設定できますが、ブラックリストは組織全体のみになります。
  • 弊社サーバーで「ベーシックホスティングサービス」など、共有型ホスティングには対応しておりません。
  • 他社サーバーでも、サーバーの構成により導入出来ない場合があります。詳細はお問合せ下さい。
  • メールクライアントの送信ポートが587でない場合、クライアントの設定変更が必要になる場合がございます。
  • サンドボックス機能を有効にした場合、メール受信が最大30分遅延する場合がございます。
  • 本サービスのサポート窓口はトレンドマイクロ社となります。
  • サーバーに収容されている全てのメールに導入頂く必要がございます。(マルチドメインの場合全ドメイン)

ご利用料金

費用(税別)
初期費用 50,000円/1作業
例月費用 200円/アカウント
  • 導入後、設定変更を弊社で実施する場合、別途設定費が必要となります。
    (10,000円~ 詳細はお見積りいたします)
  • ドメインを追加する場合、作業を行う度に初期費用が必要となります。
  • ご利用開始月分よりご利用料金が必要となります。なお、例月のご利用料金は実績請求となるためご利用月の翌月請求となります。
このページの先頭へ戻る