N-plus

2018/04/09

HTTPサイト公開の注意と常時SSLのおすすめ

 2018年2月にGoogle社より、2018年7月リリースの「Chrome 68」から、すべてのHTTPサイトで「保護されていません」を表示するという公式アナウンスがありました。

 近年GoogleChromeをはじめとするウェブブラウザでは、セキュリティ強化を目的とした常時SSL(※1)への対応が進んでおります。

 この対応により、SSL化(HTTPS化)されていないウェブサイトではアドレスバーに警告が表示される等ウェブサイトの閲覧者が不安を感じることとなり、機会損失につながる可能性があります。

 ウェブサイト運営において自社のビジネスを守り、かつサイトにアクセスされるお客様を守る為にもセキュリティの保護は重要な課題です。
サイトのセキュリティの向上はもちろん、SEO効果の可能性がある常時SSLでの運用をおすすめします。

 なお、常時SSL化を実施するためにはウェブサイトの構成変更とウェブサーバーでのSSL証明書の運用が必要となります。
弊社では常時SSL化へ向けたウェブサイトの構築・制作支援とホスティングサービスを提供してしております。

常時SSL化をご検討の際は、是非弊社へご相談ください。


※1 常時SSLとは
ウェブサイト内のログインページや入力フォームなど特定のページだけでなく、その他すべてのページをSSL化することで、 ログイン情報や個人情報だけでなく、Cookieへの不正アクセス(盗聴)も防止することができます。
SSL化されたウェブサイトは、URLの頭が「HTTPS」となり、通信の暗号化が保証されます。
これにより、閲覧者への信頼性(安全性)を向上することができます。
また、検索エンジンから「ユーザが安心して利用ができる優良なコンテンツである」と評価され、検索順位があがるメリットもあります。

■参考情報
Google Chromeのこれまで対応

・2017年1月(バージョン56 リリース)
パスワードまたはクレジットカードの入力フィールドがある、非HTTPSページにアクセスするとアドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されます

・2017年10月(バージョン62 リリース)
非HTTPSページの入力フィールドに文字を入力するとアドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されます

Google Chromeの今後の対応
・2018年7月(バージョン68 リリース)
すべてのHTTPページにアクセスするとアドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されます

                                           以上

お客様サポート

N-plusからのお知らせ情報、メンテナンス・障害情報、各種設定マニュアルなどをご覧いただけます。

サービスのお問い合わせ

カスタマーサポートセンター
0120-916-987

【受付時間】9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

お問い合わせはこちら

  • VPSホスティングサービス
  • ウェブ改ざん検知サービス
このページの先頭へ戻る