ウェブホスティングv7aの仕様

下記の仕様は、2017年4月1日以降に環境設定が完了したお客様向けで、2017年12月1日現在の情報です。
仕様を変更させていただく場合もございますので、予めご了承ください。

仕様

OS CentOS7系
容量 5GB(容量追加オプションあり)
※ウェブアクセスのログは含んでおりません。
 クォータ設定を行っており、容量以上にデータを置くことはできません。
サーバーソフトウェア apache2.4系
CGI Perl 5.16系
PHP 5.4系
SSI exec命令以外がご利用頂けます。
.htaccess AllowOverride ディレクティブで以下の項目を許可しています。
AuthConfig FileInfo Limit
設定方法はこちらをご覧になってください。
.ftpaccess .ftpaccessを設置することにより、特定の接続元のみにFTPによる操作を制限することができます。
設定方法についてはこちらをご覧になってください。
php.ini設定 ホームディレクトリに「php.ini」ファイルを設置していただくことで設定が可能です。
ホームページ転送先フォルダ public_htmlフォルダ内へアップロードしてください。
デフォルトドキュメント index.html index.htm index.shtml index.hdml index.cgi index.php
FTP FTPの通信内容を暗号化し保護するFTPS(FTP over SSL)機能がご利用可能です。
※FTPSをご利用の場合、初回接続時のみ証明書の確認画面が表示されます。
データベース オプションサービスとして、MariaDB(5.5系)オプションがございます。
telnet/SSH操作 ご利用頂けません。
ウェブアクセスのエラーログ (FTPログイン時のフォルダ)/logs/error_logにて、確認可能です。

Perlスクリプト仕様

拡張子 .cgi  .pl
パス /usr/bin/perl
Sendmailパス /usr/sbin/sendmail
スクリプトパーミッション 704
グループやその他に書き込み権限を付加すると動作しません。
ディレクトリパーミッション 705
スクリプトを設置するディレクトリパーミッションを設定してください。
グループやその他に書き込み権限を付加すると動作しません。
セキュリティ関連 suexecを導入しておりスクリプトはユーザ権限にて実行されます。

PHPスクリプト仕様

拡張子 .php
スクリプトパーミッション 704
グループやその他に書き込み権限を付加すると動作しません。
ディレクトリパーミッション 705
スクリプトを設置するディレクトリパーミッションを設定してください。
グループやその他に書き込み権限を付加すると動作しません。
セキュリティ関連 suexecを導入しておりスクリプトはユーザ権限にて実行されます。
マルチバイト関数 mbstring関数がご利用頂けます。
その他 FTPでphpファイルをアップロードすると、ファイル所有者に実行権限が付きます。

運用満了予定日

運用満了予定日 2024年6月

<注意事項>
本仕様はセキュリティを考慮した構成となっております。オープンソースソフトウェア等は、通常の設定では動作しない可能性がありますので、十分にご注意ください。
詳細・ご不明な点につきましては、お問い合わせください。

このページの先頭へ戻る